Formatting

トピックス

多汗症の治療

多汗症に効く有効的なものにはミラドライがあります。ミラドライを活用することで脇の下を切らなくても悩みを解消することが出来るのです。ミラドライについての知識を深めていきましょう。

詳細を確認する

にきび跡は治りづらい

自宅では治りにくいにきび跡で、特に肌に凸凹が出来てしまうクレーター状のにきび跡はセルフケアでは治療は難しいです。その改善方法として専門のクリニックを利用して改善していく方法が有効です。その利用方について案内します。

詳細を確認する

ピックアップ

金の糸で老化予防

顔に金の糸を入れることで老化を防ぐ美容方法があります。金の糸を部分的に顔に入れることで、じわじわと老化を防ぐことが出来るのです。金の糸に関しての知識を深めていきましょう。

詳細を確認する

体の出来物

体には様々な出来物があります。多くはすぐに治るものですが、その中でも一生残ってしまうものもあるのです。それがほくろです。ほくろを除去するための方法を知りましょう。

詳細を確認する

日々のケアから

どうしても治したい!わきがを福岡で治療したいならこちらのサイトで最新の治療法と評判のクリニックを紹介しています。

治すために気を付けたいこと

目のクマは睡眠不足やストレス、血行不良などが原因で生じます。またPCやスマートフォンの利用時間が多い現代人にとって、眼精疲労やドライアイもクマの主要な原因となっています。目の下の皮膚は薄く、うっ血やメラニン色素の沈着によって黒ずんでみえる部分がクマとなります。クマは、目の下をマッサージし、血行を良くすることで治すことができます。 しかし、マッサージのやりすぎには注意が必要です。目の下の皮膚はとても薄いため、マッサージのやりすぎや強い力での摩擦は刺激を与え、色素沈着によるクマを生み出しかねません。治すためには、薬指を用いて優しくまぶたを一周させるように動かしましょう。絶対に強い力でこすってはいけません。 またマッサージの際には、保湿クリームや乳液を使いましょう。摩擦による色素沈着やしわを引き起こさないためにもクリームは必ず使用してください。治すためには保湿を徹底することも重要です。 女性の場合は、コンシーラーなどで隠す人も多いですが、摩擦や乾燥はクマの原因となりますので、治すためには極力目の下への刺激は控えることも必要です。

目のクマは、主に血行不良によって引き起こされます。女性の3人に1人が悩んでいるとも言われているように、現代人にとってとても大きな問題です。 目のクマには原因によって種類がいくつかあります。まず、血行不良によるものです。これは睡眠不足やストレスによって血行不良になり、血流が低下することで生じます。血流が低下し、酸素が欠乏すると通常ならばきれいな赤色をしているヘモグロビンが暗赤色になります。これが薄い目の下の皮膚だけ黒ずんで見え、クマとなります。 次に色素沈着によるものがあります。メラニン色素が沈着し、いわゆる茶グマと呼ばれるものになります。このような茶グマを治すためには、保湿クリームやパックなどの日々のケアをすることが必要です。 次に加齢などによる筋肉のたるみが原因で生じるクマがあります。眼袋や涙袋の筋肉がたるみ、目の下にくぼみができることで影のようになって見えます。このようなものは表情筋を鍛えることで改善します。