金の糸で老化予防

あれから10年 効果のほどは

顔に金の糸をいれる手術と聞くとドキッとする人も多いのではないでしょうか。しかし手術 といっても、注射器に細い金の糸を入れて、それを顔に注入して行くので、メスを使うわけではありません。金額は20万円ほどで受けられることもあるようですが、30万から35万円ほどするのが普通だとされています。 ダウンタイムも実質ほとんどなく、じわじわと老化を防ぐことができるため、その値段を出して老化が少し防げるのであればそうしたいという希望を持っている人が多いです。 金の糸をどれぐらいの本数入れるのかは病院によっても差があります。そのためこれから金の糸をいれることを考えるのであれば、だいたい施術する際に何本ぐらい利用するのかをしっかりと聞いておきましょう。

医院によって全然違う価格と本数

ネットで口コミを見てみるとほとんど顔中に、張り巡らすように縦横に金の糸を入れているものから、頬に多分縦方向に数本ずつしか入れてないものまで結構な差があります。もちろんそのレベルによっても金額が異なるので、安く受けるとなると本数が少なくなるというのは頭にいれておいた方が良いでしょう。これから整形をするのであれば色々な方法を調べてみることをオススメします。アンチエイジングが現状流行っているので、部分的に気になるところを対応できるのはもちろんのこと、全身に対応しているプランも多く用意されています。その中でも金の糸を使ったものがオススメですが、人によってはすでに他の施術を受けていてその兼ね合いがあるといったケースもあると思うので、すでに施術を受けたことがある人はカウンセリングを受けてからにしましょう。